「敬老の日」だけに限らず、常日頃から労わりの心を持つことが大切

ハッピーマンデー法が施行され、2003年9月から第3月曜日に変更されるまで敬老の日は、9月15日でした。 敬老の日の起源は、1947年9月15日に兵庫県の野間谷村で行なわれた敬老行事の「敬老会」です。 「敬老会」をきっかけに兵庫県では、同日を「としよりの日」とする敬老・福祉の県民運動が1950年に始まりました。 老人福祉法によって「としよりの日」は1963に「老人の日」と定められました。 さらに、1966年に祝日法が改正され、「老人の日」は、多年にわたり、社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う「敬老の日」として、国民の祝日となりました。

「若い」と言われる現代のお年寄りの中には、年齢などを聞くと「ホント?」 と思うほど若い方がいる一方、「もう、年だから」とへこんでしまう方もいます。

そんなお年寄りも一定の年齢に達すると、映画館や美術館などのシニア割引や50歳以上が対象となるJRの割引など、お得な特典があります。 有意義に老後を楽しみたいお年よりには、探せばまだまだ特典が見つかるかもしれません。 また、敬老にちなんだ行事が各地域で催されており、参加してみるのもよいでしょう。

どんなに外見が若いお年寄りでも、一緒に食事に行く、プレゼントを贈るなど、日頃の感謝の気持ちを伝えるだけではなく、常日頃から労わる心を持つことが大切です。ベルタ酵素 どこに売ってる