看護師さんの履いているナースシューズについて

最近病院に行く機会がありました。待合室では暇なのでボーと過ごしていました。看護師さんは忙しそうに歩いています。看護師さんの足元見ると、皆さんナースシューズです。ナースシューズ履かないといけない規則でもあるのでしょうか。歩きやすいのでしょうか。

個人病院のためか、看護師さんは皆さん違う種類のナースシューズ履いています。可愛らしいデザインのものや色も白やピンク、サンダルタイプのものやスリッポンみたいなもの、さまざまです。

サンダルのかかとを踏んでいる看護師さんがいました。合わないのなら変えればいいのに、かかとを踏むほど忙しいのかなと思いました。

ナースシューズについて調べてみると、看護師さんが履いていることでお馴染みですが、事務仕事やオフィスで働く女性にも支持されているアイテムなのだそうです。サンダルやパンプス、スニーカー、スリッポンなど種類も豊富で、人気ブランドのもあるそうです。蒸れない、歩きやすい、疲れない、値段が安いなど選ぶポイントもさまざまなのだそうです。ナースシューズって色々あるんですね。ミュゼ 金額

気分転換してこそのコンテンツライティング

コンテンツライターという職業柄、適度な気分転換を意識している。随時心がけては取り入れているガス抜きタイム。この適度なガス抜きリフレこそ、ライターやフリーランスあるあるのうちのひとつ。フリーランスは休まないと書けない食えないっていうけど、本当にそうだ(笑)。

むしろ終日ぶっ通しでPC画面にへばりついていてはうまくいかない。心身、コンテンツともどもろくな内容もアイデアも影響も生まれないんだなこれが。

そういうときこそ外出したり、カフェしたり、筋トレしたりと、いったんライティングと距離を置く。

外出の機会があったらそれをうまく利用し、カフェなんかでサッとライティングすることもしばしば。

とはいえ場を物理的に変えたところで、コレといった書きたい内容が生まれないときは生まれない。のでこれも一応踏まえてのガス抜きとなる。

ライターもずっとやっていると要領よく書き上げるコツみたいなものが分かってくるというのかな、「あ、今なら生まれるぞ★」のタイミングというか、手ごたえのようなものを感じるときがある。

このときを「今が執筆どき!」と捉えるわけだ。そして文面内容が浮かび上がるままに書き込んでいく。こうするとすんなりうまく書き上がるのが常といったところか。

逆に言うと生まれないときは無理に書こうとせず、スパッと書かない。

生まれないときってのは書こうと足掻いてもやっぱりろくな内容にもならないんだこれが(笑)。

それなら一時リフレした方が、いろんな意味結果的に収穫量もあるわけで。

何やかや試行錯誤の延長線上にある今日・・・本日の生まれ度数はまずまずといったところ。これからも上手にガス抜きしながら書いていこう。https://www.suburbanexpress.co/sango/